健康維持は青汁でバックアップ

厚生労働省が推奨している一日当たりの野菜摂取量は350グラムとされていますが、平成21年国民健康・栄養調査では日本人の一日当たりの平均摂取量は295.3グラムであり、野菜摂取不足が指摘されています。朝食を食べないことが習慣化している人が、若い年代になる程多くなってきている傾向にあり、野菜不足はますます悪化する可能性があります。このような時代にビタミン、ミネラル、繊維物質などが豊富に含まれている青汁は救いの神のような存在にあり、健康維持、生活習慣病予防に大いに貢献することが期待されています。


<メタボ時代にもスポットが当てられます>

欲しいものが何でも食べることのできる時代に合って、肥満体になる傾向が強くメタボリック症候群に仲間入りする人が多くなってきており、男女ともに70%程度の人が体重管理を実践しようと心がけているデータもあります。ダイエット効果や手軽に野菜不足が補える青汁にもスポットが当てられるようになり、さらに人気が高まる兆候にあります。


<継続飲用で効果も大きくなります>

青汁飲用効果の効果が実感できれば、飲用を止めるのではなく継続する事で、体質改善や健康管理が良好に進みます。但し、病院で治療を受けている人は青汁飲用に当たっては、かかりつけの医師に事前相談する事をお勧めします。

なぜ青汁がアレルギーの緩和に効果が?

青汁がアトピーや花粉症のようなアレルギーの症状を改善したり緩和したりするのに役立つと言われています。バランスよく栄養素を取り入れるということは何らかの形でアレルギーの緩和にも役立ちますので、青汁全般に効果が全くないとは言えませんが、特に期待できる栄養素があるようです。


<アレルギーに働きかける成分>

特にアレルギー反応を抑える働きをする成分は、糖脂質とフラボノール配糖体といわれています。Kロエラが多く含まれているのはケールを原料とする青汁です。素早い効果の現れは規定できませんが、長く続けることによってじわじわと体質が改善されて、症状が緩和されるようになると言われています。青汁は食事よりもさらに効率よく体に取り入れる方法であって、食事と同じように健康的に栄養素を摂取しているのと変わりません。そのため早急な結果は望めません。


<その他の原料は役に立たないの?>

アレルギーには他の青汁では役に立たないのかということではありません。アレルギーはバランスの良い食事を心がけることで、身体の抵抗力などがアップすることも充分考えられます。それがアレルギーの緩和などにも働きかけますので、他の原料では全く効果が期待できないということではないのです。

青汁を選ぶときのポイント

青汁は健康にはいいもの。肥満が気になりだしたから飲んてみようと考えたとき、不安になるのが味です。あまりに美味しくなくて飲み続けれなかったらと想像すると選択に戸惑ってしまうかも知れませんが、青汁は昔ほど飲みにくいものではなくなっています。


<選ぶときのポイント>

まず重要なのは主原料です。青汁は原料によりその効果に違いがあります。青汁の主原料として定番なのがケールと大麦若葉、明日葉です。これらは味も違い含んでいる栄養素も違うので買う前に考えなければなりません。味を改善するためにはちみつなどが入っているため、甘くて飲みやすい製品が販売されています。どうしても青汁の味が苦手なら、そうした味付けされた製品を利用すると良いでしょう。


<形状は飲みやすさに影響します>

もっとも飲みやすいのは錠剤のタイプです。忙しくてもほんの少し時間があれば飲むことができます。しかし欠点として粉末のものに比べてあまり栄養価が高くないというものがありますが、飲まないよりは飲んだほうが良いでしょう。一度飲んだから激的に何かが変化するということはないので、重要なのは継続して飲み続けることです。金銭面や飲みやすさなどで継続できるものを選びましょう。

青汁と風邪

青汁にはダイエットや美容の効果を期待されていますが、それだけではありません。この他にも風邪の予防にもなったりするのです。栄養素が高いのでなかなか食事では取れない栄養素を補うことができるので免疫力も高くなり風邪の予防になったりします。


<子どもに飲ませると丈夫な子に育ちます>

青汁を子どもに飲ませるのはちょっと…と思っているお母さんやお父さんもいるかもしれませんが、ほとんどの青汁は乳児から飲んでも大丈夫なように作られています。

だから「ちょっとこの子身体弱いかな?」とか「風邪引きやすい子だな」と思ったのであればぜひとも青汁を飲ませてあげてはどうでしょうか?ハチミツなどを入れることによって飲みやすく子どもも毎日飲みたいと言ってくるかもしれませんよ。


<すぐに効果が出るわけではありませんが>

すぐに効果が出るわけではありません。1日飲んだから、風邪の予防になる!というわけではなく毎日飲むことが大事です。筋トレだって1日したからムキムキになるわけではありませんよね。免疫力を高めるのも同じことなのです。

子どもも大人も飲んでみて風邪の予防をしませんか?ちょっとした事で熱が出る、咳が出るというのであれば青汁を飲んで健康に気をつけて過ごしてみませんか?

青汁を使ったレシピを楽しもう

青汁が健康に良いというのは皆さんも、もう知っていると思います。
でも、あの苦味が苦手だという人もまだ多いのではないでしょうか・・・特にお子さんたちは多いかもしれないですね。
そのままお水に溶かして飲むのではやっぱり味が強くて飲みにくいですから、何かジュースなどに混ぜてみるのがいいですよ。
好きなジュースや牛乳、ヨーグルトに混ぜてみるのも良いですね!


<青汁はスイーツにもなる?>

青汁はスイーツにもあるんですよ!
パンケーキに混ぜて作るとか、クッキーの生地に練りこんでみるとか色々活用できるんです。
甘いものが好きな人だったら、無理なく楽しみながら続けることが出来るのでオススメ!
これなら、お子さんでも食べることが出来ると思いますから良いですよ。
やっぱり、毎日続けるものだから飽きが来ないようにもっと工夫をしていきたいですよね。


<女性の味方なの?>

青汁には、便秘を解消してくれる効果がありますから、ひどい人達にはぜひ試してもらえたら・・・!
もちろん、すぐに効果が出るのではなく毎日続けてもらう必要があるのですぐ効果を出したい人には向いていないと思います。
ですが、早い人だと一週間ほどで効果が出始めるみたいですよ!
サプリや薬を飲むより、青汁を飲んだ方が健康的に解消できるのですごくいいと思うのですが、皆さんはどう思いますか?

青汁を飲んで元気に過ごす

いつまでも健康な体を維持して、生涯現役で過ごしたいと思っている方は多いかと思いますが、生涯現役を現実にする為には適度な運動とバランスの良い栄養を摂取する事がとても大切になってきます。


<取りきれない栄養を補う>

青汁の中には、体に優しい緑黄野菜の汁が含まれているのですが普段の食生活では中々摂取する事が難しい栄養が沢山含まれているので、食事の量をあまりとれない方や偏った食生活を送っている方に飲んでもらいたい飲み物となっています。食事の量が少ないとどうしても体に入ってくる営巣その量も減ってきてしまいます。また、偏った食事をしている方も元気に生活を送るための栄養が取り切れていません。そんな食事からの栄養の摂取に不安を抱いている方にお勧めです。


<運動するにも栄養が必要>

体を動かしている方は、体の衰えが遅いと言いますが体を動かすにも栄養が必要です。偏った栄養ばかりを摂取していると、元気に体を動かして運動する事も出来なくなってしまいます。すると、体はどんどん衰え自分の思い通りの行動が取れなくなってしまう場合もあります。体を動かす・頭を使うなど何をするにもバランスの良い栄養を取る事が何よりも大切です。食事では取りきれない栄養を補うために青汁を飲み、生涯現役を現実のものにされている方も多いようです。

青汁の口コミを見てみよう

美味しい青汁を探すのであれば公式の情報や成分表とにらめっこしてもあまりピンとは来ないでしょう。こういう時は青汁の口コミや人気について少し調べてみるのが有効です。勿論他人の好みが必ず自分の好みとは限りませんが、それでも多くの人に指示されている商品というのはそれだけの人の舌にあった、それだけの人が続けられているという事ですから人気の商品というのは万人受けの良い商品であると言えるのではないでしょうか。


青汁の口コミは参加者の分母にも注目

何も青汁に限った事ではありませんが、こういった商品の口コミを見る時は高評価な事はもちろん大事ですが、それと同じくらいどのくらいの人が評価したかというのも大切です。例えば★5の評価を1人の人がつけている商品と、平均★4.5の評価を10人の人がつけている商品では後者のほうが何処か安心ですよね。評価した人数が多いという事はそれだけ多くの人が試してみたという事なので信憑性もより高いと言えます。


口コミの過信には注意

ただいくら高評価である、評価している人口が多いといって口コミは絶対ではない事だけは覚えておきましょう。例えばあまり褒められた手法ではありませんがステルスマーケティング等関係者があえて高い評価をつけているケースやその逆といった事も最近ではありえます。その為参考にするのは非常に良い事ですがそれだけを頼りに商品を決めてしまうのは危険ですよ。

美味しい青汁を選別しよう

美味しい青汁は多少材料や加工法からも判断は出来ますが結局の所実際に飲んでみるのが一番です。文面で説明されるよりも明確に旨い不味いが判断できますし好みの商品かどうかも判断が楽です。また青汁は継続して飲み続けてはじめて健康効果を実感できる商品である為、最低でも続けられるくらいの味である事は重要です。これらの事からまず美味しい商品を探す際にはお試しサンプルを利用すると良いでしょう。


無料お試しで各社の青汁をチェック

まず商品が好みの味かを判断するのであれば、青汁の取扱会社各社が行なっている無料サンプルを頼んでみるとよいでしょう。無料なのでそれほど量は多くなく、精々2~3杯分が届く量としては一般的ですが青汁の味を知るには十分な量だと言えるでしょう。また商品を取り扱っている会社は結構な数があるので、いくつか申し込むだけでそれなりの量を無料で飲む事が可能です。


有料お試しで続けられるかをチェック

また無料お試しを飲んでいる過程で「これは」という商品を見つけたら次は、有料のお試しに申し込んでみましょう。これらは凡そ1~2ヶ月分の商品が定価より安く試供される為お得ですし、自分がその商品を本当に続けられるのかどうか、また青汁の効果が実感できるかを見る事が可能です。

青汁を美味しく飲む工夫

加工法や材料などどれだけ気をつけてもやはり野菜が苦手、青汁が苦手という方も少なくはありません。しかし健康の為に是非青汁ははじめたい、そんな時はこれらを美味しく飲む工夫をしてみましょう。


美味しい青汁の飲み方

青汁は味、健康面の両方において牛乳やヨーグルトといった乳製品と相性が良いとされています。牛乳やヨーグルトは青臭さや苦味を和らげる効果がある他、カルシウムを一緒に摂る事でより健康面でも高い効果を発揮します。また蜂蜜を混ぜると甘くなり、より飲みやすく健康にも良いとされています。また基本的には他の果物や野菜との相性も良いのでレモンやりんごをいれる、人参を混ぜる等の方法もあります。


デザートや料理に利用する

またそれでも青汁の味が気になるという方は料理に使ってみるのはどうでしょうか。例えばパウンドケーキやクッキーに少し混ぜる事で抹茶のような風味を持たせる事ができます。他にもグラタンやパスタ、おにぎりやピザに使ってみた等少し調べてみると様々な方が色々な料理に青汁を試してみています。これらを少し取り入れてみる事で飽き辛く、また美味しく続ける事が可能です。また自分で色々なものに混ぜて研究してみるのも面白いのではないでしょうか。

青汁の味とその加工法

青汁の味を決めているのは何もその材料だけではありません。青汁の味は実はその商品化の過程にある加工法によっても大きく左右される事になります。


液体タイプの青汁の特徴

最もスタンダードな青汁の形状といえば液体タイプの商品であり、解凍してそのまま飲む事の出来る商品や濃縮タイプなら水で薄めて飲むタイプ等があります。この液体タイプの青汁はケールや大麦若葉などの緑葉野菜から絞った汁を瞬間冷凍し配送されている為新鮮で、また不純物が少なく喉越しが良いのがポイントです。ただ新鮮故少し青臭いのがデメリットになる人もいます。


フリーズドライによる粉末タイプ

一方最近主流になりつつあるのがフリーズドライ製法を仕様した粉末タイプの商品です。こちらは水に溶かして飲む事になる他、様々な料理に混ぜるといった使い方もあるようです。この粉末タイプの商品は、絞り汁あるいは緑葉野菜をそのまま瞬間冷凍し、真空状態の施設で乾燥させる事で粉末を生成します。ビタミンや食物繊維など栄養価が液体タイプに比べて豊富ですが、食物繊維が多いが故に少しざらつき喉越しが悪い他、粉末状の商品を水に溶かしている為やや粉っぽいという方もいます。それぞれが持つ栄養量や飲み応えを比べて青汁は選ぶと良いでしょう。

青汁の味と主原料

美味しい青汁といっても味の好みは人それぞれ、万人に受ける青汁というのはなかなか実際には難しいものです。例えば青臭さや苦味が気になるという方向けに飲みやすいよう蜂蜜やラズベリー、レモンといった添加物が配合されている商品も最近ではあるようですが、これらはあくまで飲みやすくする為の施設であり商品の味を劇的に変化させるものではありません。こういった添加物は確かに商品を飲みやすくしていますが、それ以上に決定的に商品の味を決めているのはやはり主原料となっている野菜です。


青汁が美味しくないと言われる所以

青汁の主原料には元々ケールと呼ばれる緑葉野菜がメインで利用されていました。このケールはあらゆる栄養素が豊富で野菜の王様とも言われるキャベツの仲間です。ただ元々このケールはあまり日本人好みの味ではないらしく、かなり癖のある苦味と青臭さが特徴です。勿論前述のように人によって好みはありますが、それでもこのケールの臭いや味が苦手という人は多く、バラエティの罰ゲームとしても一時期広く利用されていました。


ケールに変わる主原料

ただ最近はケール以外にも大麦若葉や明日葉といった緑葉野菜をベースにした青汁も増えてきています。栄養素に関してはケールほど豊富ではないもののいずれもケール同様にビタミンやミネラル、食物繊維や酵素が豊富で、そして何よりもケールと比べてだいぶ飲みやすい味なのが特徴です。美味しい青汁をという事でしたらまずケールの商品と大麦若葉等の商品両方を飲み比べて判断すると良いでしょう。

青汁についてのイメージは?

今ではよくテレビのcmでも流れている青汁ですが、実際に定期的に利用している方は多いのでしょうか?
多くの方が青汁はなんとなく苦そう、とか美味しくなさそうと思っているかもしれません。
ですが、今の青汁はそんな事は無く味もきちんと改善されているものが多く、比較的に飲みやすくなっているのだと思います。
何と言ってもあの緑色のイメージを強めているのではないかと思います。


最近ではランキングがある!

最近になってから青汁の人気ランキングも掲載されるようになりました。
ネットで検索をすると、たくさんのそういったサイトが出てくるので気になる方は覗いてみて下さいね。
また、調べてみて色々比較してみるのも良いかと思います。
味もその会社によって変わってくるかと思いますので、前もって調べてみたりお試しで少し飲んでみてから判断されるのも良いと思います。


青汁は子供にもおすすめです!

青汁は子供が飲むものではないと思っている方もいらっしゃるかと思いますが、そんなことはありません。
野菜嫌いのお子さんをお持ちの方には、とてもおすすめです。
ヨーグルトなどに混ぜて飲んでいるお子さんもいるそうなので、野菜嫌いの大人の方にも良いかもしれませんね。
健康志向の方で味を気にしている方にも、工夫をして飲むことが出来るので良いと思います。