健康維持は青汁でバックアップ

厚生労働省が推奨している一日当たりの野菜摂取量は350グラムとされていますが、平成21年国民健康・栄養調査では日本人の一日当たりの平均摂取量は295.3グラムであり、野菜摂取不足が指摘されています。朝食を食べないことが習慣化している人が、若い年代になる程多くなってきている傾向にあり、野菜不足はますます悪化する可能性があります。このような時代にビタミン、ミネラル、繊維物質などが豊富に含まれている青汁は救いの神のような存在にあり、健康維持、生活習慣病予防に大いに貢献することが期待されています。


<メタボ時代にもスポットが当てられます>

欲しいものが何でも食べることのできる時代に合って、肥満体になる傾向が強くメタボリック症候群に仲間入りする人が多くなってきており、男女ともに70%程度の人が体重管理を実践しようと心がけているデータもあります。ダイエット効果や手軽に野菜不足が補える青汁にもスポットが当てられるようになり、さらに人気が高まる兆候にあります。


<継続飲用で効果も大きくなります>

青汁飲用効果の効果が実感できれば、飲用を止めるのではなく継続する事で、体質改善や健康管理が良好に進みます。但し、病院で治療を受けている人は青汁飲用に当たっては、かかりつけの医師に事前相談する事をお勧めします。