青汁を選ぶときのポイント

青汁は健康にはいいもの。肥満が気になりだしたから飲んてみようと考えたとき、不安になるのが味です。あまりに美味しくなくて飲み続けれなかったらと想像すると選択に戸惑ってしまうかも知れませんが、青汁は昔ほど飲みにくいものではなくなっています。


<選ぶときのポイント>

まず重要なのは主原料です。青汁は原料によりその効果に違いがあります。青汁の主原料として定番なのがケールと大麦若葉、明日葉です。これらは味も違い含んでいる栄養素も違うので買う前に考えなければなりません。味を改善するためにはちみつなどが入っているため、甘くて飲みやすい製品が販売されています。どうしても青汁の味が苦手なら、そうした味付けされた製品を利用すると良いでしょう。


<形状は飲みやすさに影響します>

もっとも飲みやすいのは錠剤のタイプです。忙しくてもほんの少し時間があれば飲むことができます。しかし欠点として粉末のものに比べてあまり栄養価が高くないというものがありますが、飲まないよりは飲んだほうが良いでしょう。一度飲んだから激的に何かが変化するということはないので、重要なのは継続して飲み続けることです。金銭面や飲みやすさなどで継続できるものを選びましょう。